東京ガーデンシアターのアリーナ席の見え方感想とライブ参戦のお役立ち情報!

ライブ
スポンサーリンク

2021年9月26日(日)に東京ガーデンシアター(有明駅)で開催された、『ラブライブ!サンシャイン!! Guilty Kiss 2nd LoveLive! ~Return To Love ♡ Kiss Kiss Kiss~Day.2』に参戦してきました!

なんと、嬉しいことにアリーナ席でした!

ところで、

hoshi
hoshi

東京ガーデンシアターのアリーナ席って見え方はどんな感じなんだろう?

と疑問に思っている方も多いのでは?

Twitterなどで調べても「アリーナ後方は見えない」「アリーナよりスタンド席の方がいい」など極端で、具体的に書かれているものがなかったんですよね。

困った
困った

「アリーナ席は見えない」って言われるけど、席によっては後ろでも見えたりするのかな?

周りの人が激しくジャンプしたり、動くから見えないのか等・・・

分からないからこそ色々想像してしまいますよね。


今日はそんな疑問を少しでも解消できるよう、アリーナ席の見え方について詳しく書いていきますね。

結論を言うと、アリーナ席でもキャストは見えました!でもこれは、運が良かったからなのかなと思いました。

その感想を含め、お役立ち情報もお伝えします!(立ち見での感想です)

スポンサーリンク

アリーナ席といっても席はどこ?

席はGグループ16列(前から16番目)1〜5番でした。(身バレ防ぐため大まかに書きます)

今回のライブの座席はネットにちらほら上がっている画像とは配置が違います。

私が見た画像には、ステージ前にX A〜X Cのブロックがあったけど、今回はそれがなくなり、Guilty Kiss(ギルティキス)のライブ仕様に変更になりました。

会場で写真を撮る時間がなかったので、絵に書いてみました。

ライブによって、座席の配置が変わるかもしれないので当日までドキドキですね。

ネットに上がっている画像は参考程度に・・・

スポンサーリンク

ライブ開始時は背伸び必須!

開演時間になると会場が暗くなります。

そのタイミングで一斉にラブライバーは起立するのですが、なんせ、私の身長は153cm。(ヒールは履いていません)

ブワッと一斉に起立した途端、ステージ上は見えなくなりました。

近くにいた女性が

困った
困った

全然見えない〜

と嘆いていました。

全く同感です。

なので、キャストの登場シーンは全然見えませんでした( ; ; )

雷が落ちる演出も見れなくて残念・・・


男性諸君よ、背が高すぎる!

でも幸い、とびっきり背の高い男性(180cm台)が私の視界にいなかったのが良かった・・・

周りは平均170cmくらいかな?

もう、背伸びをするしかない!

と、背伸びをしたら見えたので、終始背伸びをして見ていました。(翌日筋肉痛になりました)

初めてのことで戸惑いながらも、見える位置を探しまくるのに必死でしたね笑

スポンサーリンク

立ち位置を調整すれば見える!

キャストの登場シーンは見逃してしまったけど、なんと嬉しいことに2列前が1席空いていたのです!

背伸びをしていたこともあり、空席のお陰で、多少人の頭で被ることはあるけど、たくさんキャストを見ることができました。


また、16列目だったけど思ったよりステージから近く感じました

やっぱり、公式サイトに載っている写真と実物で見るのとでは違いますね!

キャストの顔や表情も肉眼ではっきりと見えましたし、(私の両眼の視力は大体1.0くらい。)

hoshi
hoshi

アリーナ席最高〜

って思っていたら、空席の人物が途中から遅れてきたのです!

席が埋まってしまい、一気にキャストが見える範囲が狭まって、内心

hoshi
hoshi

え〜(°_°)

って感じです。

頭・体が邪魔〜!

って叫びたくなりました笑

なんとしてでもキャストが見たかったので、

自分が少し後ろに下がったり、隣にぶつからないように配慮しつつ、僅かに体を傾けたりする等、いい塩梅のところを探してキャストが見える位置を調整し直したりしていました。

いや、ほんと空席って大事だなって思いました。

つい最近までは、コロナの影響でソーシャルディスタンスを保つために両隣は空席になっていました。

隣の人に肘が当たらなくて最高だったのに・・・

まぁ、仕方ないか〜


それでも不思議と会場にだんだん慣れてきて、背伸びをしなくてもキャストは見えるようになりました。

見えない方は、一度、背伸びをしてみてくださいね!筋肉痛覚悟です!

スポンサーリンク

自分の視界に動きが激しいラブライバーがいなかった

よくアリーナでありがちなのが、前の人がジャンプするなど激しく動くから、見えないってことがあると思います。

ライブ映像を見ても、ジャンプしている人が目立ちます。

ラブライブレード(ペンライト)をグルグルと回したり、自分の頭よりも高く振り上げている人もいますよね。

hoshi
hoshi

周りの人はどんな気持ちでライブ参戦しているんだろう〜

邪魔〜って思っているのかしら?

とライブ映像を観て気になっていました。


でも今回は、ジャンプする人はいなく、激しくブレードを振らないから見えたのもあると思います。

もし、ジャンプする人がいたら、背伸びするだけじゃ見えなかったかもしれません。

ほんと、運が良かったな〜

と思います。

アリーナだから、みんな気持ちが高ぶって激しく動くと思っていたけど、違いましたね。

逆に、お地蔵さんのように静かに、大人しく、胸元でブレードを振る人多数って感じです。

私も大人しく、胸元で振っていました笑


ちなみに、視界から外れたところには、曲中はずーっとリズムにのってぴょんぴょんと跳ねていた人がいましたね。

視界に入らなくて良かった笑

スポンサーリンク

座席の配置が前後交互になっていない

ネットに上がっていた写真もそうだけど、今回ライブの座席表をみてみると分かるのですが、真ん中のLブロックは前の人と被らないように座席が前後交互になるように配置されています。

自分のGブロックは前後重なっています。

そのおかげもあって、私が真っ直ぐ前を見た時、一筋の光のように隙間が生まれました。

キャストがステージの端まできて、キャストが立つ位置が、丁度真正面になる位置の座席だったので表情もバッチリ見えました!


もし、真ん中のLブロックだったら前後交互になっているので、人と被って見えなかったんだろうなと思います。

また、

ライブを見るときって、座席がステージの端寄りだと体をステージに向かって斜めにしなきゃいけないし、なんか見づらいんですよね。

でも今回は、ステージのセンターより、少し右だけど、真ん中寄りだったのでそんなに見ずらさは感じませんでした。

Lブロックのセンター席だったら、人で視界が遮り、僅かな見える隙間もなくなってしまうのかなと思いました。

背がとびきり大きかったら別ですが・・・

スポンサーリンク

アリーナ席は人口密度が高く暑いので対策必須!

9月下旬で少し肌寒く、長袖を着ている人が多数いました。

私も長袖を着て、薄いパーカーを羽織ってライブ参戦していました。

今回のライブはいくら声出し禁だとしても、空席はなく、人が密集していたので人の熱気を余計に感じました。

途中、暑さに耐えられなく、上着は脱ぎ、体温調節しましたね。

半袖でも丁度いいと思います

暑がりの方は半袖の方が快適だと思います。

また、

「コワレヤスキ」を歌った時に、炎の演出がありました。

16列目だから、流石に炎の熱気は感じないだろうと思っていたけど、なんだか、だんだんと温かく感じてきました。

最前列あたりだともっと熱気を感じていたと思います。

炎の熱気が苦手な方は、半袖になる・タオルなどで熱を遮るなど、対策が必要ですね。

スポンサーリンク

まとめ

もし、見えなくても諦めず、背伸びをしたり、体を傾けたりして立ち位置を調整してみてくださいね!

アリーナ席は人口密度が高く、人の熱気で暑いです。

暑いのが苦手な人・暑がりな人は、半袖になるなど暑さ対策をしてくださいね。


【運が良かったポイント】

  • 背伸びをしたらキャストが見える座席位置だった。
  • 序盤、2列前が1席空いていた。空席のおかげでたくさんキャストを見ることができた。
  • 自分の視界にジャンプする人や、ブレードを激しく振る人等激しく動く人がいなかった。
  • 座席が前後交互になる配置ではなかった。
  • 16列目だったけど、ライブの演出で炎の熱気を感じた

もし、状況が違かったら・・・

自分の斜め前が激し目の人だったり、前の人の位置がもう少し右にズレていたら・彼女にくっついていなかったら見えなかったと思う。


自分の斜め前にたくさん人がいなかったから且つブレードを激しく振らない、ジャンプしない、お地蔵さんのように静か、男性が彼女にくっついていたおかげで見えたのだと思います。


座席番号を見て、

困った
困った

アリーナ席だ〜終わった〜( ; ; )

と落胆せず、

もしかしたら、運が良ければ見えるかも!

と見える可能性を信じてみてください。

そして、

ライブに行く前は、電池交換、ラブライブレードの色設定(メモリー機能設定)もお忘れなく!

コメント

タイトルとURLをコピーしました